2017年11月25日土曜日

粉瘤の炎症について

こんにちは。朝方と夜がだいぶ冷え込むようになりましたね。
気温差が激しいのでみなさん風邪など引かないようにお気をつけ下さい。

さて、今回は粉瘤の炎症についてお話したいと思います。



粉瘤とは皮膚の下で袋状になっている腫瘍で、垢(角質)や皮膚の脂(皮脂)が溜まってだんだん大きくなる事もある良性腫瘍です。
通常痛みや痒みなどの症状があまりないものになります。
この場合の治療法は切って、縫う治療法になります。

しかし、まれに細菌などが侵入したりすると感染により膿が溜まって赤く腫れ、痛みが出てくる事があります。
その場合は粉瘤の袋が炎症している状態です。
炎症している場合は袋がきちんと形成されてなく、ぐじゅぐじゅになっている為切って、縫うという治療が行えません。


炎症中の治療法としましては、いくつかあります。


1、しこりの中に膿が溜まっている場合は中の膿を搾り出す処置
2、抗生物質の処方
3、そのまま様子を見る
このような治療法になります。

粉瘤は袋を切除しなければほぼ完治はしません。
炎症をした粉瘤は炎症から3ヶ月くらい様子をみて袋が形成され、しこりを感じられるようになった場合切って、縫う治療が可能となります。(まれに炎症後しこりが無くなる方もいらっしゃいます)

粉瘤は炎症をしてしまうと痛みなども伴い、中から膿が自然とで出来てしまい大変ですので、しこりを感じられて何かと思った時点で診察にご来院して頂くことをおすすめ致します。

何かご不明なことがございましたら遠慮なくご相談ください。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。



カウンセラー長島

2017年11月15日水曜日

薄毛でお悩みの方へ〈写真あり〉

こんにちは。11月に入りだいぶ寒くなってきました・・・。
皆様インフルエンザにはお気をつけ下さいね。


さて今回は薄毛の方へのお話です。

内服薬があるのをご存知ですか??
CMで時々やっているのですが・・・「AGAはお医者さんに相談だ」と。
AGAとは男性型脱毛症の事です。

薄毛でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。
専用のシャンプーを使用したり、外用薬など
色々努力されていると患者様にうかがいました。

当院では内服薬治療をおこなっております。
AGAの場合、基本的な治療としてプロペシアを内服し
増毛のためにご希望があればミノキシジルを飲んでいただいています。

当院でも効果を感じていただいている患者様はたくさんいらっしゃいます。
一度ご相談下さい。




当院で治療を受けられた方のお写真です。
※写真の加工はしていません

①40代の方です。この方は当初プロペシアのみ内服されていました。
              (ミノキシジル外用も使用、※現在お取り扱いはございません)


《内服前》
《プロペシア内服約1年後》

 しかしもう少し髪の量が増えたらとミノキシジル内服も試してみることになりました。
途中経過の写真がなく申し訳ありません。

《プロペシア、ミノキシジル内服約2年後です》

 
 

②30代男性の方。この方はプロペシア、ミノキシジルを内服。
《内服前》
 
                           《内服4ヵ月後》
《内服6ヵ月後》

 
 
 内服薬ですのでその方が適応かどうか、リスクなど必ず診察させていただいております。
また内服前に初回は採血も必要となります。
薄毛で悩んでいる方が内服薬の選択肢もあるという事を知っていただきたいです。
 
 
 
 
お写真掲載にご協力いただいた方々本当にありがとうございました。
 
 
                                              
 
                                               看護師 川島  
 
 
 
 
 

2017年9月20日水曜日

患部の詳細が確認できる「ダーモスコピー」

こんにちは。暑かった日々も少しずつ秋らしくなり、
過ごしやすくなりましたね。


今回は、医師が患部を拝見する際に使用することのある
「ダーモスコピー」という機器についてご紹介致します!







ダーモスコピーは、ライトがついた拡大鏡の様な物です
ダーモスコピーを使用することで、皮膚の腫瘍・シミ・ホクロなどの
色素病変をみる時に、詳細に観察が出来ます。


例えば、良性のホクロかどうかを判断したり
どの様な皮膚の腫瘍なのかを診断したりする時に使用します。


患部を拝見した際、より明確な診断が出来る様に当院では
ご相談内容によって医師がダーモスコピーを使用しています


また、初診でお越し頂いた際には、まずカウンセラーが個室のカウンセリングルーム
でお話をお伺いしてから、医師の診察をご案内しております。(当院は完全予約制です)

様々な患部のお悩みを、患者様がお話しやすい様に努めておりますので
お気軽にご相談下さい。


カウンセラー 三橋

2017年7月26日水曜日

はじめまして!

こんにちは。6月から看護師として勤務しています、野口です!

ひとつひとつの診察に日々緊張の毎日ですが、今まで関わったことのない治療から新たな刺激を受けています。

以下、簡単ですが自己紹介させていただきます。

☆趣味  地方の美術館めぐり、音楽鑑賞・ライブに行くこと、酒場めぐり

☆出身地 神奈川県

☆家での過ごし方 猫を飼っているので、もっぱら猫と遊びながら本屋や映画を見ています

性格はのんびりとした性格ですが、年齢に関係なく色々な方とお話しをして自分の知らないことを教えていただく事が大好きですので、気軽にお声掛けいただけると幸いです。
患者様が頼れるスタッフの一員となれるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。



向日葵 画像 に対する画像結果


ところで梅雨明けとともに紫外線がじりじりと身に染みるようになってきましたね!
紫外線と言えばシミ・しわの原因、お肌が気になります。

私は美容皮膚科に勤務していたこともあり、シミの治療をいろいろと見てきましたが、当院のピコレーザーの効果には驚きました!

かさぶたができたりテープを貼る期間がなく、当日からお化粧が可能であること、お顔全体に照射できることがまずメリット。毎日の生活に支障が無いことが良いです。

そして、今までお顔全体のシミ治療に効果があるな~と思っていたフォトフェイシャルでの治療よりも、細かいシミや鼻・鼻下のシミがとてもきれいになるんです!

数回繰り返しての治療が必要になりますが、体験の価値アリだと思います。

私も現在体験中ですので、また追ってご報告していきますね~

暑いですが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。
最後までお読みいただきありがとうございました!

看護師 野口




2017年6月26日月曜日

デリケートゾーンの脱毛の範囲 どうしたら良いのでしょうか…?

こんにちは。

今年もシミの治療と脱毛のご相談が増える時期になりました!

今日はデリケートゾーンの脱毛の範囲についてのお話です。




沢山ご相談いただくのが、どういった形にしようか…

どのくらい減らそうかな…

といった内容です。

結果からお伝えすると、ご希望にはかなり個人差があります。全てなくしてつるつるにしたい方や、下着からでない程度の毛量にしたい方など様々です。


一番多いご希望はVゾーンを小さい三角形にしたいというものですが、最近は海外の影響もあり、
男性・女性共に全てなくしたいという方も多くなっています



温泉に行かれる方は、つるつるは難しいので前からIラインが見えない程度の毛量を残したいとご希望されることが多いです。その場合は、ご自宅で広範囲に剃毛をしていただき、当日担当の看護師にご相談下さい。


IやOゾーンは全てなくしたいという方が9割以上になります。




自己処理では難しい場所ですので、レーザー脱毛でストレスフリーな夏を目指しましょう!


看護師 山口

2017年6月17日土曜日

FTM治療の流れについて



こんにちは。最近、暑い日が続いていますね!
気温の変化などで体調など崩されていませんか?
もう直ぐ梅雨入りもしそうでまた気温の変化がありそうですので風邪など引かないように気をつけて下さいね!!





今回はFTMの治療の流れについてお話したいと思います。

簡単な流れとしましては、
1、カウンセリング、診察
2、治療
3、翌日再診
4、抜糸
5、1ヵ月後経過再診となります。

当院は完全ご予約制となりますのでまずはお電話かWEBでカウンセリング・診察のご予約を取って頂きます。
診察をスムーズに行う為、診察日当日に診断書をご持参いただいております。
診断書は当クリニックでは診断は出来ませんので、まずは心療内科等へ受診をおすすめします(診断書は無くても治療は可能です)

1、カウンセリング、診察

カウンセリングでは、他に何か治療をされているか等お伺いし、費用や手術当日からの流れなどをお話ししています。
診察ではエコーで乳腺の大きさなどを確認して治療方法、治療後の経過、合併症などの説明をします。
手術をすると決まった場合は血液検査まで行います。

所要時間1時間程度

2、治療

FTMの治療は全身麻酔で行うことが多いです。
毎週火曜日と金曜日で手術日を設けて行っております。
当院は入院施設を設けてない為日帰りで手術を行っております。
治療時間は個人差はありますが大体4時間半くらいかかり、麻酔が完全に覚めるまで2時間くらい当院でお休み頂きます。
長時間の手術の為、全身麻酔の手術は必ず朝から行っております。

所要時間6時間半(全身麻酔の場合)

3、翌日再診

手術当日、血腫を防ぐ為にドレーンという細い管をいれたままお帰りいただきます。その管を翌日に抜きます。
所要時間10分程度

4、抜糸

手術日から7~10日後に抜糸を行います。
所要時間10分

5、1ヵ月後経過再診

手術から1ヵ月後くらいに傷口などの治りを拝見します。
この日の経過で問題が無ければ終診となります。
所要時間10分

簡単ではありますがこのような流れとなります。

当院では毎週行っている手術となります。
手術をしようか悩まれている方はご相談のみでも承っておりますのでご連絡をお待ちしております。
その他ご不明な点などございましたら遠慮なくご相談ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

カウンセラー長島



2017年6月10日土曜日

色素性母斑のレーザー治療 PART2 経過報告!|神奈川県形成外科 大船T's形成クリニック

こんにちは!

今日は、前回の続きになりますが、足の扁平母斑のQルビースイッチの3回目の治療後の経過報告になります

以前1回治療後の経過をお話させていただきましたが、3回目の治療で母斑がさらに薄くなっていました。(治療回数の限界や効果は個人差があります)


治療前のお写真です。


3回目の治療後のお写真です。



かなりキレイになっていました。治療は局所麻酔を使用いたしますので痛みは強くありませんが、
治療後は2~3日ヒリヒリするとのことでした。

数ヶ月するともう少し周囲の皮膚の色となじんできます。

ホクロがコンプレックスになっていることもあります。ご両親様からお子様の母斑のご相談も多くいただきます。

カウンセリングから治療まで完全個室となっています。まずはお気軽にご相談ください!


看護師 山口